1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の遠足・夏

え~~っと。今さらだけど、7月に行った遠足を。
奥武蔵に高山不動尊と不動3滝を見に行こう!!って事で、また妹夫婦と出かけてきました。
コースは、こちらを参照。 高山不動尊

前回、子の権現へ行き、まさかの迷子になった私たち。今度こそ!!と、地図も買いましたよ。
しかし。いきなり駅を出てから、迷う。
まっすぐ行くべきか。 右に行くべきか。 
ほんと、私らアホだ。
右を見ると、ちょっと前をカップルが歩いているので、とりあえず右へ!!

一般道を歩いて、山道へ入るはずが。。。また、やっちまった
山道へ入る道を見逃してしまい、一般道のままの登山をしてしまいました。
遠足に来て、車も通るような一般道を通る事程むなしいものはない。

とりあえず、途中からは無事山道に入る事が出来、ようやく遠足気分を味わい、イザ白滝へ!!


fudo01.jpg

しかし。地図を持っているにもかかわらず、ここでも迷う。
道に迷うというか、本当にこの道であっているのか?と自信がなくなっていく。
「違うんじゃない?」と途中まで行った道を引き戻してしまいました。 ←ほんとバカ
引き返す途中、駅で前を歩いていたカップル達とすれ違い、少し言葉を交わしてみる。
「僕ら、判らなくなって引き返して来た所なんですよ。」と説明。
「とりあえず、行ってみますね~」とカップル達。 爽やかな人たちだ。爽やかすぎる人たちだ。

で、引き返したモノの、やっぱり白滝は見つからず、もう一度同じ道へ行く事に。
途中、出会ったオジサンに白滝への道を聞けば「もうすぐ、そこだよ。でも、小さな滝だよ。つまんないよ。」と。
確かに、もう少し歩いたら、滝というよりはただの沢があって「え?これが白滝??」と思ってしまったんだけれどね
フト、見ると、白滝への案内板が。 さらに奥へ行くようです。
オジサン、絶対、アレを白滝と勘違いしていたな。

fudo02.jpg


看板の行く方へと小径を歩きながら
「あのカップルは、着いたのかね?なんだか山歩きも慣れていそうな人たちだったからね~(^^)」
なんて、「私たちは素人だから迷っても仕方ないのよ」モードを出す我ら4人。
そして、白滝についたら、慣れていそうなカップルいましたよ♪♪
義弟が「次は大滝へ行こうと思うんだけれど、もう行きました?」と聞いたら、既に行ったとのこと。
そして、説明用に取り出した地図は、私らと同じ地図。
何故、同じ地図を持っているのに、私らはいけないのだ?? こんなにダメポなのだ?
一応、大滝の行き方を聞いて、ここでカップルとはお別れ。


fudo03.jpg


次。 大滝へいく前に、不動の滝へ向かいます。
この滝は、良かった!! ビックリするような大きな岩があって、静かに流れる滝。
ちょっと厳粛な気持ちにさせられます。
とりあえず、ここへは迷わず来られた。よしっ!! 次、大滝だ!!

fudo04.jpg


それなのに、行けない。。。地図を見て、その通りに動いているハズなのに、大滝へ行けない
なんで、皆が行ける所へ、私たちは行けないのだ? 
どうなってるんだ、この方向感覚は。

結局、一番の見所…と言われた大滝へはたどり着けないまま、高山不動へ向かう。


fudo05.jpg

ここでお弁当ですぞ。 あの爽やかカップル達も、既に到着していてお弁当食べてます。
何度も会うので、ここでは声をかけるのを控えました。
高山不動にあったイチョウの木。

fudo06.jpg

高山不動から見た景色。

fudo07.jpg


なにやら、ダラダラと長くなりそうなので、コレより先は続きへ。
腹ごしらえも済ませ、次へ向かうは「関八州見晴台」。
こちらへは、迷うことなく辿り尽きましたよ。
それにしても、梅雨明け初日の夏。 暑い、暑い。

fudo08.jpg

関八州見晴台から見た景色。
とても天気が良かったので、新宿のビル群まで見えたよ~~!
爽やかカップル達も、既にここに着いていて休んでいます。
今日は、このカップルと同じ道を辿っているな~。縁がありますねぇ。
迷惑でしょうが。。。

fudo09.jpg

さてさて。少し休んだら、今度は帰路です。
帰りは迷うことなく!!! って思って張り切っていたのに
高山不動まで戻ったら、男女4人のグループがいて、その中の一人の女性に話しかけられました。
しばし話をして、「これから戻るんだけれど、道に迷わなきゃいいな~と思って」って言ったら!
「あたし達もそっちの方行くよ。じゃあ、うちらも行くかーー!」って言って、何となく一緒に歩く事に。
とってもノリが良い人たちなんだけれども、やっぱりずっと一緒に歩くには、気を遣う訳で…。
ちょっと距離を取りたいんだけれど、そのキッカケも掴めず

しかも!!!「こっち、こっち」って教えてくれた道は、車も通る一般道。
山道を通りたいのじゃーーーっ!!!! 山道はどこじゃーーーっ!!!
それなのに、別行動を取ると言えないヘタレな我ら。
つまらない冗談に愛想笑いしぃの。 疲れる。 せめて、つまらん悪ふざけはやめてくれ。
彼ら、飲んでいるらしいから相手するにはちょっと疲れるんだわ。悪い人ではない。
ただ、山に遊びに来た中で、酔っぱらいの相手は疲れるのだ。

もうこれ以上は無理!!!ってとこで、
妹と「何、この花ーーー!? めずらしくない? きれーーっ! 写真とろう!!」と必要以上に盛り上がり、
それを機に、彼らとお別れ。 ふぅ。。。疲れた。
その花が、コレ。
え? 珍しくないってか? 紫陽花じゃんってか? 
いいんです!!! 救いの花です。

fudo10.jpg


なんだか、今回も山道を外れてしまって、不完全燃焼に終わった遠足でした。
駅に近づくと、地元のお祭りをやっていて、そこをのぞくと、あの爽やかカップルが!!!
義弟がまた話しかけます。
「大滝へ行ったんでしたっけ?? 僕ら結局…云々」。
えっと。。。。同じ話を、何度目だい? カップルの女性も笑いをこらえている。
男性に至っては、同じ話ばかりしてくるこの人をどうすればよいやら??とばかり、固まってる。
しかも、なんども「大滝」について話題を振っているのに、その返事をちっとも覚えていないという義弟。
しかも、にこやかだ。 
まぁ、その辺は妹がカップルに「すいませんね~~」と助け船を出し、そこで本当にサヨナラ。

。。。のハズがですね。。。

駅のホームに行ったら、また同じ所にあのカップル達が。ぷっ。 もう、笑っちゃうよ。
ここで義弟がまた「大滝」の話をしたら、面白かったのだが。
でも、出発時間も同じ。帰る時間も同じ。
一緒に行動こそしなかったけれど、要所要所では会うと、ちょっと親近感沸くね。

それにしても、道に迷わず大人の遠足を楽しみたいもんです。
関連記事

コメントの投稿

secret

top↑

comment

遠足というより立派な登山では??
私の病院では、毎年新人が入ってすぐ5月初めに近くの山の登山(新人レクという名のしごき?)があるんだけど、昨年参加してマジで逝っちゃうかと思ったよ
もう二度と登山はごめんです><
友達同士でのんびりなら楽しいのかなぁ?
でも、山の上からの風景は素敵だよね^^

悪夢が・・

う~っ・・悪夢がよみがえる・・・
車道を歩き続けるのは、はたして遠足か否か!

>ゆっき~

なぜ遠足かと言うと。
小学生の頃に遠足で言った山々だからなのだよ~!
今考えると、子どもって意外に健脚なんだなぁ。 
何だかんだ言って、みんな登っていたからね。
道に迷ってばかりで、余計な疲れを伴ってはいるものの、
なんだか気持ちがいいんだよね~~♪♪
登っている時は、一生懸命だから嫌なこととかも忘れちゃってるし。
気分転換にも良いよ。
確かに、友だち同士とか少人数の方が、マイペースで動けて楽かも♪

>Yoko

確かに、車道を歩くのはキツイ!!
今度こそ、山道を迷うことなく、清々しく、酔っぱらいにも絡まれずに行きたいもんですなぁ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。